設備情報

弊社には、食品製造から充填・検査に至るまでの様々な設備がございます。
多様化するニーズにお応えするアイテムを製造するため、それぞれの工程に特化した設備を揃えております。
煮炊き室においては専用の釜が4つあるほか、大型乾燥室、ウエット用ブレンダー機、海苔佃煮充填の専用ラインも設けています。また、顆粒を作る押し出し式造粒機も設置し、顆粒のバルク出荷やOEM製品の製造も多く手掛けております。ブレンダー機や、ヒートプレス、コンピュータースケール等は長く活躍し、これまでに様々なアイテムの製造を支えて参りました。
以下にその一部をご紹介いたしします。

①ヒートプレス

素材を加熱・加圧し・急減圧を行うことによる「パフ加工」を行う機材です。主に花びら焼きの製造に活用されています。

②造粒機

原料を投入し、内側から圧力をかけて押し出す事により顆粒の原型を作りだすことができます。顆粒の製造はもちろん、多くのアイテムの中間工程を担っています。

③煮炊き釜

佃煮や惣菜の製造に使用される煮炊き釜は、専用の設備をご用意しております。

その一方で、商品の見た目や気配りができるよう、手作業による工程も多く存在します。
機械のみに頼らない、素材の良さや見た目の良さを大事にする手作り感も残しながら、これからもお客様に喜ばれる商品作りを目指して参ります。