主な製造品目

だし・スープ

日本の伝統的な滋味の「黄金比」を極めた商品開発・ブレンド技術で、だしパックやスープ類をはじめとする製品を製造しております。

製造工程

  • 原料調達

    だしの味を左右する大きな要素は、原料の産地と品質にあります。弊社ではお客様のご要望にお応えするべく、全国各地の生産業者様より、産地と品質にこだわった原料の仕入れを行っております。

    【だしパック 主な原料の産地及び銘柄(一例)】

    1. 鰹節・・・焼津産 本枯鰹節
    2. 鯖節・・・焼津産 枯鯖節
    3. 椎茸・・・宮崎産 香信椎茸
    4. 昆布・・・北海道産 利尻昆布
    5. うるめ鰯節・・・熊本産 うるめ鰯節

    上記のような基本的なだしの材料はもちろん、それぞれの地域の特産品なども吟味し、原料としてご提案が可能です。

  • 粉砕

    調達した原料は、水分などを加え、必要に応じて乾燥や焙煎の工程を行った後、旨味の抽出に適した粉末に粉砕加工します。

  • ブレンド

    粉砕した原料は、試行錯誤を重ねて作り出した配合比を基に、V型ブレンダー(混合器)に投入し、撹拌します。本工程は味のムラをなくす重要な工程のため、慎重かつ迅速に行います。また、原料によっては吸湿性の高いものもあるため、温度・湿度管理は厳重に行います。

  • 充填

    ブレンド済みの原料を充填機により分包にします。充填する内容物の特性や使用目的に合わせて、包装資材を変更します。

  • 包装

    商品がお客様の手元に届き、開封して頂いた際にも、気持ちよく使って頂けるよう、破れなどの不良品が混入していないか目視しながら、手作業で丁寧に詰めていきます。