主な製造品目

佃煮・惣菜

伝統的な食材と向き合いながら、常に革新的な製品づくりに挑戦し続ける「煮炊き」のエキスパートが揃っています

製造工程

  • 煮炊き釜への原料投入

    日本の伝統食である佃煮は、素材そのものが持つ美味しさに、砂糖と醤油による甘味、塩味が組み合わさることにより、豊かな味わいとなります。繊細な火加減や時間の調整が重要となるため、弊社では、専用の煮炊き釜を設置しています。この釜に原料を投入するところから、佃煮の主な工程である「煮炊き」がスタートします。

  • 煮炊き

    煮炊きの工程を担うのは、技術・経験が豊かなスタッフ。常に味や水分量を確認しながら、手作業で原料を煮詰めていきます。

  • 乾燥

    水分の調整が必要なものに関しては、せいろに広げ、乾燥室にて乾燥を行います。

  • 充填・殺菌処理

    出来立ての味わいを保ちながら、より長い期間お使い頂けるように、酸化や異物の混入を防ぐ「瓶詰め」「真空パック」等による充填を行った後、製品によっては熱湯で再度殺菌処理をするボイル加工を行い、包装・出荷となります。

  • 【海苔の佃煮製造について】

    海苔の佃煮は、専用ラインを設けており、スピーディーな製造が可能です。