品質管理・研究開発

三幸産業のこだわり

食品メーカーにとって最も重要な「品質管理に向けた取り組み」と、より優れた製品をご提案するための「研究開発体制」についてご紹介いたします。

品質管理について

企業活動においてオフェンシブ(攻め)な部分となるのは、「売り上げや生産性を向上するための技術・アイデア」です。しかしながら、オフェンスに徹するのみでは、いずれ売り上げの停滞や減衰につながります。リスクを低減し、お客様に常に安心で安全なものをご提供する、すなわちディフェンス(守り)の部分が必要であり、そのためにはその「核」となる存在が欠かせません。

弊社にとってのディフェンスの「核」である品質管理部。この機関に在籍するスタッフは、お客様からの変わらぬ信頼をいただくための重要な業務を行なっています。

原材料受け入れや包装資材の強度、製造工程における異物混入(コンタミネーション)の防止など、製品が発送されるまでの品質管理部の業務は多岐に渡ります。

異物混入(コンタミネーション)の防止や衛生面への重要な取り組み

製造工程に携わるスタッフは、製造室へ入室する際に必ず決められた手順を守る事で、衛生管理に努めています。

製品の安全のために、多項目に渡る厳密な検査基準を定めています。

高品質な製品を安定的にご提供するために、振動式風力選別機を使用しての異物除去、更に専任の作業者による目視選別を行っております。

また、専用器具等の拭き取り検査、使用原料の品質チェックなども行っております。

また、製品のトレーサビリティ(生産から流通の最終段階までの追跡)を維持できるよう、ロット管理などの体制を敷いています。

研究開発について

食品OEM製造メーカーとしての豊富な経験と実績を持って、新しい商品の開発に日々取り組んでいます。

製品開発の原点となる研究室では、各種の試作設備を活用し、商品化を行う前のサンプル品の試作を行なっています。また、品質管理部とは併設されており、製品の安全性はもちろん、製造工程における効率アップについても研究しています。